2万円を借りたい

おすすめ

2万円ならすぐに借りれます!

これから出かけるのに財布の中を見たらお金が入ってなかったとなれば、もう借りるしかないですね。すぐに返せるのでキャッシングコーナーのATMに速攻で行けるようにキャッシングの場所を知っておくと便利です。どのキャッシングでも借りれるので近い所になりますね。

お金がないとひやひやします

"エステで何十万もするコースの支払いをやっと終えて

ホッとした時、家に届いたのが年金未払いの通知。


若い頃、年金なんかにお金かけるのばかばかしくて

払わずに放置して支払期限を過ぎてしまった分。


何か年金問題だか社会情勢が不安定だからか、

10年もさかのぼって払えるようになりましたとか書いてあるし。


日本てテキトーなきにだなぁなんて思いながらも、

老後を心配するような年齢の今、

「払っておくか‥」と、若い頃には考えられないような

気弱な選択。


しかも職に就かずフラフラしていた若い頃のつけは大きかった。

支払金額約30万円なり。

ちょっときびしいなぁ。

しかも1か月後には車検も控えてるのに。


正直なところ、貯金もしてないしこのまじゃ足りない。


人からお金を借りるわけにもいかないし‥と

節約生活を決意。


携帯電話の契約内容を変更したり、

休日誘われても遊びには行かなかった。

極力外には出て行かずガソリン代も切り詰めました。

職場で取る昼食は安売りドラッグストアで買いだめした

100円のカップラーメンで頑張りました。

趣味のギャンブルも使う金額おさえましたよ。

タバコはいつもの半分の本数にしました。

その努力が報われたのと、

車検が思ってたより安く済ますことができたおかげで

人生最大の金銭的ピンチは切り抜ける事ができました。


もうあんなひやひやした思いはしたくありません。

これからはできるだけ蓄えを作るようにしていこうと思います。

こつこつ地道に頑張っていきます。"

金欠の際の乗り切り方

"就職して、ひとり暮らしを始めた頃は、給料日前になるといつも金欠でした。
当時働いていた会社は給料が安く、しかも新入社員だろうと関係なく自腹の飲み会が多く、給料が出て半月程で金欠になる、という感じでした。
一年目はボーナスもほんの少しなので、本当に辛かったです。

金欠になった時は、出来るだけ彼氏におごってもらうように、夜ご飯を一緒に食べたり、実家に帰って、カップラーメンやおかずをもらったりしていました。

あと、金欠になった時によく食べていた物が、閉店前のスーパーのお惣菜です。閉店前に全て半額になるので、購入して、翌日食べるお弁当に入れたり、晩ご飯として食べていました。
スーパーで見切り野菜や菓子パンが、ワゴンに積んで売られていたのですが、それもよく食べました。
白いご飯をかさましするために、おかゆにして食べた事もあります。

こんな感じで、主に食費を切り詰めて乗り切っていました。

他にも、通勤費をケチってしのいだ事もあります。
3駅ぐらい自転車で走って電車に乗れば、月3000円程うくので、頑張って自転車をこいでいた思い出があります。
会社の最寄り駅までも、電車を使わずに30分歩いていました。

そのために、ジムに通わずして、スリムなスタイルをキープできていました。

女子なので、お風呂に入らないとか、化粧をしないとか、そんな節約は出来なかったため、男性より大変な部分はありますが、シビアな金銭感覚が身に付いて、結婚した今でも役立っています。

"

止めておけばいいのにと――

"私は学生であり、給金を頂けるといえばアルバイトや軽作業派遣での労働であるため、手元に入るのは月数万円程度。しかし、難儀なことに、欲求には大の大人よりも忠実なので好きな物や娯楽に惜しみなく投資してしまう。最たる例として、付き合いではまってしまった競馬やパチンコのギャンブルには、まさにお金を湯水のように使ってしまう。そして、いざ給料日前になると、もちろん財布の中身は大寒風吹き荒れる様で。しかし、それでも友人の魔の誘惑には勝てず、スズメの涙程度のお札と小銭を握り締めて、娯楽や外食へと赴く始末。ようやく握り締めていくほどのお金も無くなれば、できもしない自炊を始め、「次の給料は計画的に使って見せる」と不味い夕飯を涙ながらに食しながら豪語するが、そこは三つ子の魂百までと身についた生活習慣は安易に変えることはできないよう。先月の行動を録画して再生したような行動で同じ罪を犯すのは、できの悪い推理小説を読むようである。いつになれば学習するのか。
一度、それが原因で家賃を払えず、家主に額を擦り付けながら支払いの延期を申し込んだ。その時の恥ずかしさと気まずさは今でも明瞭に思い出せる。家主の心が仏のようだったのは良かったのだが、途中でその理由を聞かれた時の困惑と焦燥は計り知れない。「ギャンブルにはまって、家賃分も使い込んでしまった」などと誰が言えようか。いかに勘の悪い自分でも口が裂けても言えるような理由ではないと察し、苦し紛れに「光熱費が予想以上に……」と語尾が小さくなりながら言い訳を訥々と語る。きっと自分と違って勘の良い家主は察していただろう。これ以来、いくら給料を使い込んでも家賃分だけは残すようにしてある。しかし、やはり給料日前は無一文となってしまう。"

お給料日まで2週間お財布に5千円

"もうずいぶん前のことになりますが景気が急に悪くなり、
どこの会社もかなり大変な時期がありました。

とはいえ共稼ぎで私もフルタイムで仕事をしていたので
それぞれのお給料やボーナスが
多少、減ってもそれほど危機感はありませんでしたね。

ただ少し前からマイホームの頭金にと貯金を始めたこともあり
節約生活をしてはいました。
でもそれは余裕ある生活費を余らせて貯金するという意味で、
楽しい節約生活ともいえる感じのゆるいものだったのです。

ですがある日、人事に呼ばれ「会社都合で退職してくれないか」との打診。
会社の業績はとても悪いようで数か所の営業所は閉鎖するとのこと。
ついては配偶者のいる女性社員には退職をお願いしたいという話でした。
ある程度のことをして下さったのでその後、円満に退職。

収入は半分になってしまいましたが、
節約モードに入っていたので頑張ればまだ少し貯金が出来そうな。
ここまではまだ楽しい節約生活でした。

しかし、今度は主人の会社の業績が悪化。
お給料だけはなんとか振り込まれましたが、
ボーナスはゼロ、途端に生活がきびしくなりました。

ここからは真面目に節約生活のはじまりですが、
ある時親戚でお祝いごとが続き、ご祝儀を渡して家賃等支払うと
お給料日までまだ2週間もあるのに家計のお財布には5千円札一枚。

大人2人、なにもかもで5千円。
けちけちと必要なものを買いましたが
残り4日でとうとう手持ちは650円になってしまいました。

学生時代はお互い一人暮らしでしたが
ここまで貧乏なことは記憶になかったように思います。
でも根が単純というか、楽天的な私達
きっと何とかなるさと明るい貧乏生活を楽しもうと。

ストックの食材を使いまわしたり、
根っこ付きで買って来たのネギや豆苗をもう一度収穫したり。
最後は500円玉貯金箱やら、引き出しの商品券まで探して使いましたが
なんとか次のお給料日を無事迎えることができました。
もうあんなことはないだろうなと思っていますが、どうでしょうね。"

ランチ、驕ってくれ〜

"私はきっちり節約するタイプではありません。
独身だということもあり、ちょっとお金には自由が利く方ですね。
その分お金の管理が適当なところがあり、いつも給料前日くらいになると財布には何百円と定期券だけがある場合もあります。
給料をもらうと、まず、クレジットカードなどでの支払いを別に取っておいて、そして定期積み立てで何万、そして親に仕送りで何万。残りが自分の分です。
その中で家賃、光熱費などの税金を除いた分が生活費ですね。
確かにこう書いてみると自分のクレジットカードの使いに問題があるかもしれません。
なんかを買うときはクレジットカードで簡単に買ってしまいます。
それはツケになり、次の月の給料を圧迫しますね。
今はクレジットカードで気楽に買い、今月の生活費には影響がないため、無意識的に使っちゃうことが多いかもしれません。

そして、ある日は給料が明日なのにお金がありません。
クレジットカードで食事を支払うなんて、ちょっとしたレストランじゃないと。
先輩に付きました。先輩、今日ランチおごってください。図々しいですね。仕方ありません^^お金がないから。
働かざるもの食うべからず。
でも、これもツケです。
ツケは回ってくるものだから。
この頃はちょっと自分をきっちり引き締め、お金のやりくりをやっています。
まず家計簿を書き始めました。
これで何が良くなるのか良く分からないですが、一つ分かったのはクレジットカードでの支払いが多すぎです。
クレジットカードで払うとポイントが付くとか。ドンでもない理由ですね。
やっぱり現金で買うことに。そして買う前にもう一度考えることにしました。
給料までお金を持たないとね。情けないでしょう。"

私が急にお金が必要になった時の話

"私が今まで生きてきた中で
急にお金が必要になったのは、引越し、結婚、妊娠の時です。


まず、「引越し」について。
結婚が決まり、県外に引っ越すことになったんですけど、
一人暮らしとは違い、
それなりに部屋があるマンションの場合は思ってた以上にお金がかかって。

この先の生活にもお金がかかるのに!なんてふうに思いました。


次に、「結婚」。
当たり前ですけど、式場やら披露宴のお金やら。
諭吉さんがいっぱい飛んでいきます。
少しオプションをつけるだけで、値上がり。

うちの場合、遠くからゲストを呼んでいたので、
交通費、宿泊費なんかもかさみましたね・・・。

その1日だけのために、こんなにお金をつかうの!?と。
勿体無い気持ちにもなりましたが、
すごく楽しかったので、まぁ・・・しょうがないか!と。
ちなみに、当日のアルバムもなかなかの値段でした。
思い出に残すだけでも結構、お金がかかります。


「妊娠」は、
うちの場合、不妊治療もしたので。
それなりにお金がかかりました。
しかも、不妊治療がゴールなわけではなく、
妊娠してからも、かなりお金がかかるわけですから。

と、妊娠中の今(現在)に話が追いついてしまったわけですが、
今現在、これから先いくらかかるの!?ってヒヤヒヤしています。

できるだけマタニティウェアを買わずに、
節約はしているんですが。
やはり必要なものは、買わないわけにはいかないし、
赤ちゃんのために、定期的に病院に通わないわけにはいかないので。

通帳とにらめっこしながら頑張ろうと思います。
"

急な出費と言えば…

"急な出費として、やはり多いのが冠婚葬祭ではないでしょうか。結婚式等に呼ばれる場合は、事前に招待状等が届くので、準備はしておく事が出来ますが、「来月結婚します。」または「結婚しました。」「子供が産まれました。」等の急なお知らせは結構あせりますよね…。親戚関係でなければ、どれも一万円程で済みますが、同じ月に複数重なる事も意外とありますからね。
逆に不幸があった場合は、香典に入れる額は親戚であっても、お祝い事より少ないですが、私も妻も親戚関係との住居場所が離れている為、いざ出席するとなると交通費がかさみます。特に不幸の場合は前もって解る事ではないですからね…。
それと私の場合、ここ数年多いのは車の修理代金ですね。突然調子が悪くなったり、壊れたりと…。皆さんもご存じの通り、車の修理ってばかにならないですよね。素人には判断がつかず、修理に出して見積もりが来るまではヒヤヒヤ…。なんて経験は誰もがあると思います。それが重量税とか車検等と時期的に重なると、「車の維持にいったいいくら掛かるんだ…」なんて思っちゃいます。それと極めつけは、友人の体験談ですが、友人宅に雷が落ちたそうです。家の中にいた為、怪我は無かった様ですが、テレビ、エアコン、ハードディスク等の家電製品から玄関のドアホンまで、一気に修理不能な程の破損だそうです。
全て買い換えて総額80万円の急な出費だったとか…。雷が家に落ちる確率は、宝くじが当たる確率と同じ位だとか…。災難な話ですよね…。"

急にお金が必要になる時

"生きていていると、どうしてもお金がかかります。
子供の時からも駄菓子を買う、お菓子を買う、雑誌や本などを買う場合お金が必要ですから、親からのお小遣いや親戚からもらうお年玉などからやりくりして、自分が欲しいものを取捨選択していくわけです。
それが高校生になると親のお小遣いだけではやりくりできなくなってきたりして、アルバイトをしたりして友達と遊ぶお金や、趣味のお金、もしくは彼女との付き合いで発生するお金をやりくりします。
これが大学になってくると、大学生活だけでもお金がかかる上に、サークルやゼミ、さらにアルバイトなど交友関係も広がっていき、いよいよ貯金だけでは賄えないような金額が必要になってしまうこともあります。
特に「若さ」と「勢い」というものがある時期なので、私自身も急な出費が立て込んだことが多々ありました。
バイトの終わり、バイト仲間と話しているとどういう話の流れだったか、「富士山に行こうぜ」という話になり、もう夜中だった気がしますが、勢いで誰かの親の車を工面し、何人かで富士山五合目まで車で行って朝日を見たといったことも平気でやっていました。
そうなると交通費や食事代など、当時あまり余裕がない生活をしていた者だと厳しい出費が待っています。
またその「勢い」があちこちで連続することもあり、細かな出費であっても計算するとかなりの額になっていたということもありました。
今となっては良い思い出も多いですが、お金の出費は今考えても工面が大変でした。
"

切っても切り離せない、冠婚葬祭と出費の関係

"日常生活において急にお金が必要になる時といえば、やはり冠婚葬祭ですね。
社会人になると色んな人との関わり合いあいができて、親を介さずに自分の判断で人付き合いをしていくことになります。
冠婚葬祭はその代表といえるもので、場に合わせた服装や振る舞い、そして相場に合ったお金を包む、という事が大人としての常識ですよね。

冠婚葬祭の中でも、参加する立場として一番お金がかかるのは、結婚式です。
特に女性の場合は衣装の他にもヘアメイクに時間がかかりますし、結婚式の時は朝早くから身だしなみの準備に取りかかる必要があります。
そして、ご祝儀の用意もしなくてはなりません。若い人なら3万円ほどが妥当だと思いますが、二次会・三次会のお誘いもあると思います。
遠方からの参加にはそれなりの額の交通費が必要ですし、宿泊費が要る場合もありますよね。
結婚式はおめでたい行事ですが、お財布事情には厳しいものがあると思います。
特にジューンブライドである六月は結婚式が月に二回、三回と続いたりする事もしばしば。
生活費に充てるお金を削ってでも参加するべきかどうか、悩む人は多いのではないでしょうか?

日頃からの貯蓄は大事ですが、やはり一度に多くの出費は負担になりますよね。
ここは無理して手持ちを切り崩すことなく、キャッシングやカードローンに頼るのも方法だと思います。また、親から借りられる人は、事情を離して借りるのもよいでしょう。
要はきっちり返済できればよい話なので、自分の生活を守りながら、大事な冠婚葬祭イベントに堂々と出席したいものです。"

かつかつの生活をしているので

"かつかつの生活をしている人が見ると、あるあると思う話だと思います。貯金があれば、全く問題がないのですが、クレジットや公共料金の引き落としの分を忘れて、銀行の残高をゼロに近い金額にすると、請求書を見てから、顔が青ざめる事になります。そういう場合は、人にお金を借りるかキャッシングを利用するか物を売るかですね。

公共料金は、四桁の領収書です。しかし、クレジットの場合、五桁になる事も珍しくありません。リボ払いに変更という手段もありますが、やはり、無利子で凌ぎたいという思いが働きます。クレジットで購入すると、ポイントが溜まったりして得な事が多いですが、買いすぎたり、後で支払いに困ったりするケースも出てきます。

本当にあれっていうケースですね。他にもこういうケースがありました。自分の中では、家賃を支払ったつもりだったけど支払われていないケースでした。最速の電話が掛かってきて、振り込む必要が生じます。この時は、数万円という多額の金額ですので、キャッシングで借りるしか術はありません。そして、利子だけを返していく生活が始まります。

経験談としては、現金決済、家賃引き落としがベターです。クレジットカードや家賃振込みは、勘違いにより困る場合が出てきます。勿論、貯金を10万円ぐらいしておけば、何の心配もありません。急にお金が必要になって困らないためにも、10万円の貯金を目指して日々節約に励みたいと思います。これが、当面の自分の目標です。"

最新のエントリー一覧

止めておけばいいのにと――
"私は学生であり、給金を頂けるといえばアルバイトや軽作業派遣での労働であるため、...

お給料日まで2週間お財布に5千円
"もうずいぶん前のことになりますが景気が急に悪くなり、 どこの会社もかなり大変な...

ランチ、驕ってくれ〜
"私はきっちり節約するタイプではありません。 独身だということもあり、ちょっとお...